【Library】PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)のフリーテキスト

2018/03/14 12:30:00 | ライブラリ | コメント:0件

PCMとは PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)とは、国際協力分野のプロジェクトで世界的に使用されている、事業のマネジメントツール群です。
もともと国際協力の分野で使われてましたが、国内、海外という場所や分野を問わず、いわゆるプロジェクトであれば、活用可能です。
しかも、教科書がフリー(無料)で入手できますので、以下紹介します。


PCMテキスト(計画編)
↑(リンク)NPO法人「PCM Tokyo」(本サイトの発起人である三好がかつて代表を務めていました)が提供しているテキストです。シンプルではありますが、大切なことはすべて書いてあります。プロジェクトの組み立てだけでなく、その前のプロセスである「現状の分析」「問題の把握」「アイデアだし」「事前評価」という、なぜこのプロジェクトをするのかというプロジェクト企画について、その具体的なツールが紹介されています。 (閲覧パスワードは"pcmtokyo"です。) 

PCMテキスト(モニタリング・評価編)
↑(リンク)NPO法人「PCM Tokyo」が提供しているテキストです。筆者は本サイトの発起人である三好です。こちらもシンプルですが、大切なことはすべて書いてあります。モニタリングも評価も、理論だけでなく、現場の実情にあわせた指標設定の仕方や、評価のための具体的なデータの収集方法(アンケートの作り方等)、そしてデータ分析についても記述があります。これを知っていれば、実務者としては十分です。 (閲覧パスワードは"pcmtokyo"です。) 

PCM+PMBOKのガイドライン(PCM-i)
↑(リンク)こちらは計画編とモニタリング編をつなぐものです。世界標準のプロジェクトマネジメント指針として「PMBOKピンボック (Project Management Body of Knowledge)」というものが発表されています。このPMBOKをPCMと融合させたものが上記のガイドラインです。ガイドラインですので、概論的な使い方をしてください。これを読んで知らないツールについては、自分で調べることが必要です。

基本的には上記が一般的なPCMの入門・実践テキストになります。

PCMの無料テキストが入手できるのは、初学者にとってはうれしいですね。

あと英語版になりますが、フリーのテキストがウェブにたくさんあります。今回はお薦めをリストアップ

EU(ヨーロッパ共同体)のガイドライン(詳しいです。ちょっと文章が固いかな。)

CBMというキリスト教系のNGOによるガイドライン(詳しい。上記よりもわかりやすい)

AusAidのガイドライン (指標の設定が詳しい)
http://portals.wi.wur.nl/files/docs/ppme/ausguidelines-logical%20framework%20approach.pdf

世界銀行のガイドライン (ログフレームが詳しい)

BAOBABというNGOによるガイドライン(計画のツールが網羅されている)
http://www.baobab-ct.org/learning/pcm.html

このほかにも、いろいろなテキスト(英語版など)や教材が下記で紹介されていますので、ぜひ、ご参考にしてください。

このほかにも何かいい素材がありましたら、右にある「メールを送る」をつかって、ご連絡ください。

また「こんな資料がほしい」というお問い合わせもお待ちしています!

三好 GLFP.JP

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する